見出しは大きくしない!?

「目立たせたい」という要望をフォントサイズだけで解決しようとするのは、あまりいい方法ではないかもしれません。
もしも一次情報を見出し要素(H2やH3など)でマークアップし、そのスタイルがブラウザデフォルトのスタイルのままだと、一次情報があまりにも大きすぎ、二次情報が小さすぎ、ということになります。

装飾しないほうが強調される例-良くない例

フォントサイズで大きさだけを変えるのではなく、太さや色も変えてみましょう。
例えば重要な要素を太字にすると、フォントサイズを大きくせずとも、ユーザーの関心はそこに集まります。 装飾しないほうが強調される例-良くない例

また、文字を小さくするのではなく、元の大きさのままで色を少し柔らかい色にするだけで、可読性を損なわず二次情報であることも伝わりやすくなります。
本文のような小さい文字において、強調を弱めたい場合に極細にするのはなるべく避けて、色を明るくもしくは少し小さめにするなど、極細によって可読性を損なわないように注意しましょう。

あえて、色に制約を持たせる

色はあまり多用せず、3種類ほどを想定しておいたほうがよいでしょう。

  • 一次情報のはっきりした色
  • 二次情報のグレー
  • 三次的情報をさらに明るいグレー(ダークモードでは暗いグレー)

あえて、文字のウエイトに制約を持たせる

原則、特段理由がない場合、ウエイトは2種類で充分です。

  • 通常:font-weight: 300もしくは400
  • ボールド:font-weight: 500もしくは600